舌痛症

「舌痛症(ぜっつうしょう)」ってご存知ですか?

「最近、ベロが痛い・・・」
「ベロがピリピリする」
「口の中がカラカラ」
「ベロが熱い感じがする」
「味付けが変わったと家族に言われた」

ベロ(舌)は小さい口内炎が出来ただけでも気になる、とても敏感な部分です。
「ポツッ」と何かあれば「口内炎かな?」思いますが、見た目に変化がなく症状だけがあると心配になります。
もしかしたら、「舌痛症(ぜっつうしょう)」かもしれません。




あなたのベロ(舌)の痛みの原因は?


ベロの違和感の原因に関して、チャートにしてまとめました。




「舌痛症」3つの原因



上記表のA、B、Cの「疼痛」(とうつう:「痛み」の医学用語)の具体的内容は一体どんなものなのでしょうか?

A 侵害受容性疼痛(しんがいじゅようせいとうつう)


① 入れ歯等による「びらん(ただれ)」や潰瘍


入れ歯や折れた歯、虫歯でベロが傷ついています。


【原因別の治療方法】
入れ歯:入れ歯が当たらないよう、調整します。
歯ぎしり:マウスピースを着けて、舌を守ります。
薬の処方:うがい薬や軟膏、漢方薬を処方します。


② アフタ性口内炎

口内炎の中の一種を「アフタ性口内炎」といいます。


③ 口腔カンジダ症


カンジダ菌は2人に1人のお口に存在している「カビ」です。
ヨダレの分泌が少ない時、抵抗力がない時、起こりやすくなります。

【治療方法】
抗菌薬を処方します。


④ 口腔乾燥症

口腔乾燥症は「ドライマウス」とも呼ばれます。
加齢や、薬の副作用、シェーグレン症候群などの疾患が原因の場合と、ストレスなどの精神的なことが原因の場合があります。


【治療方法】
生活習慣の改善:いっぱい噛むと唾液が多く分泌されるので、噛み応えのある食事にして、噛む回数を増やします。
唾液腺マッサージ:唾液が出やすくなるツボを押し、唾液の出をよくします。
※ヨダレ(唾液)は、お口を潤す、洗浄するなどお口や体に重要な役割を果たしています。


【ドライマウスの治療と解消のヒント】
薬の飲み合わせを改善する:複数の医院で薬を処方されていると、薬の重複や飲み合わせが悪いことがあります。主治医との相談をお勧めします。
シェーグレン症候群の場合:本来、膠原病科での検査ですが、当院で検査・診断まで可能です。詳しくはお尋ねください。


⑤ 平滑舌,舌乳頭(ぜつにゅうとう)の萎縮


ドライマウスや薬の副作用や慢性水分不足等が原因で、ザラザラしているベロがツルツルになってしまっている状態を「平滑舌(へいかつぜつ)」といいます。
舌の脇や根元にある「乳頭」や「味蕾(みらい:味を感じる部分)」が萎縮している事もあります。
鉄分・亜鉛、ビタミンBの不足が原因の場合もあるので、血液検査をして不足成分を調べる必要があります。


【治療方法】
食事指導:亜鉛はカキ・あわび・レバー、鉄はレバー・ほうれん草・小松菜、ビタミンB2・12はレバー・うなぎ・卵に多く含まているので、それらのを多く取ることを指導します。
薬を処方:鉄剤などを処方します。


⑥ 難治性のびらん(ただれ) ・潰瘍

長い間、合わない入れ歯を使うと潰瘍になることもあります。
【治療方法】
初期であれば当院で治療できますが、なかなか治らない場合は他の疾患も疑われますので、当院の検査結果を持って高次医療機関にかかることになります。


⑦ 扁平苔癬(へんぺいたいせん)

白い粘膜がベロを覆い、しみたり、突っ張った感じがします。
【治療方法】
病理組織検査等が必要な場合、高次医療機関をご紹介します。検査結果によって治療機関が決まります。


⑧ 舌ガン


均一でない腫瘍や白斑が出来、舌の脇に出来るケースが多く見受けられます。
タレントの堀ちえみさんがなったのは、この舌ガンです。

【治療方法】
高次医療機関をご紹介します。


B 神経障害性疼痛(しんけいしょうがいせいとうつう)


⑨ 三叉神経痛(さんさしんけいつう)
三叉神経とは、顔の感覚(熱い、冷たい、痛い、触った)を脳に伝える神経で、脳幹からおでこ・頬・下あごの3ヶ所に枝分かれしています。 その神経に傷ついて痛むのが三叉神経痛です。 50歳代にもっとも多く発症し、女性に多くみられます

【治療方法】
高次医療機関をご紹介します。


⑩ 舌咽神経痛(ぜついんしんけいつう)

舌咽神経は、舌の奥と口の奥(扁桃、咽頭)、耳の奥(中耳)の感覚に関係する神経で、血管が神経を圧迫することで起こります。
【治療方法】
高次医療機関をご紹介します。まずは投薬からスタートです。


C 心因性疼痛(しんいんせいとうつう)



⑪ 舌痛症⑫口腔内灼熱感症候群

⑪⑫はほぼ同じ病態で、上記のどれにも当てはまらない場合につけられる病名です。
舌痛症の診断がついたということは、悪性ではありません。

舌痛症は、0.7~3%の人に発症すると言われ、特に更年期の閉経後の女性が10~20%とも言われています。
舌痛症は原因が解明されておらず、治療法が確立されていません。
ですので、症状を軽くする治療法が用いられます。
自然治癒するものも3%程度存在するとされていますが、長期間痛みを訴える患者さんもいます。
舌痛症は慢性の痛みであることが多いので、痛みを除去するのではなく、うまくコントロールして日常生活に差し支えないよう生活の質を上げることが治療の目標となります。
また、舌痛症の患者さんはストレスを抱えていることが多く見受けられます。
不安やうつが痛みを増強している場合は、専門領域の受診をお勧めします。

新橋赤レンガ通り歯科クリニックで出来る検査

唾液量の検査
口腔乾燥症(ドライマウス)の疑いがある場合にします。 安静時と刺激時の唾液量を測り、10ml未満の場合、口腔乾燥症を考えます。


口腔内細菌の検査

口腔カンジダ症の疑いがある場合、綿棒で採取して、検査機関に回収して検査してもらいます。


血液検査

シェーグレン症候群や鉄分不足などの診断のためにします。


心理テスト


舌痛症の疑いがある場合にします。
質問表による心理テストを行い、判定法に基づき診断します。


歯・アゴの骨内の病変の検査


歯科用CTで検査し、診断します。




お気軽にご相談ください




お口の健康は、全身の健康に大きく影響を与えます。
気になる事、心配な事、ぜひ当院にご相談くださいませ。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード