ヤニ取りをしよう

タバコが歯周病の原因に

歯茎の中には、数えきれないほど多くの毛細血管が通っています。そして毛細血管の中を流れている血液の成分には、様々な菌と戦って退治してくれる機能のある免疫成分、白血球も含まれています。
しかしタバコを吸っていると、タバコに含まれている成分の影響で血管が収縮してしまいます。そうすると、毛細血管の血流も阻害されてしまいます。そして血流が阻害されると、歯周病菌と格闘してくれる白血球の数も減ってしまい、歯周病がどんどん進行してしまうのです。
そう、タバコは歯周病を悪化させてしまうというわけですね。

また、長期間喫煙を続けていると歯茎や歯肉が硬くなり、それが原因で様々な口腔ナインの病気を発症してしまうこともあります。

ヤニ取りをしよう

ヘビースモーカーの方や、長期間タバコを吸っている方の歯にはヤニが付着し、黄色くなってしまっています。
当院では歯に付着したたばこのヤニ取りを行うこともできます。歯の色にお悩みの方はもちろん、接客業や営業職など、人と接する機会が多い方にもヤニ取りはおすすめです。

ヤニ取りをしよう

部屋の中でタバコを吸っていると、壁にヤニやにおいがついてしまいますよね。実はタバコを吸う人の歯は、部屋の壁以上にヤニで汚れてしまっています。長年にわたって喫煙を続けている人の場合、歯が黄色どころか茶色になってしまっている方もいらっしゃいます。
口の中はたばこの煙やヤニをダイレクトに受け取るところですので当然といえば当然ですよね。

そして歯に付着したヤニは、見た目が悪いだけではなく口臭の原因にもなってしまいます。また歯にヤニが付着したままでいると、本来の歯の姿がよく見えないため歯に何らかの異変が生じてもその発見が遅れてしまうこともあります。

ヤニ取りは単に見た目をよくするだけではなく病気予防や口臭改善にも効果的ですので、お気軽にご相談ください。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード