審美歯科で歯を美しく

審美歯科とは

「審美歯科」についてご存知でしょうか。今や歯は、虫歯になった時だけ治療するものではありません。現代では、歯の美しさを追求することも美容の一類型となっています。
 お顔の印象は口元の美しさで決まるといっても過言ではありません。そして、口元の美しさを決めるのは、やはり歯の美しさでしょう。
 審美歯科とは、そんな歯の美しさにとことんこだわった歯科治療のことをいいます。審美歯科の分野においては、歯の治療をする際にメタルフリー素材を用いることで、より本物の歯に近い、自然な仕上がりにすることも可能です。

クラウンとインレー

クラウン(単冠)とインレーの違い

歯の治療には、大きく分けてクラウンとインレーの2種類があります。クラウンとはいわゆる歯の被せ物のことをいい、インレーとは歯の詰め物のことをいいます。

クラウン(単冠)とインレーの違い

クラウンやインレーの材質

詰め物かぶせ物の種類

保険適用編

・レジン樹脂
主に虫歯を削った部分を埋めるために使用されます。保険を使用できるため治療費を安く抑えることができますが、耐久性に劣るため経年により劣化したりすり減ったりすることがあります。またレジン樹脂には変色しやすいというデメリットもあります。

・銀歯
銀歯はこれまでの歯科治療において最も多く用いられてきた材質です。造形しやすいというメリットはありますが、時間の経過とともに黒ずんでしまったり、金属アレルギーを引き起こしてしまうこともあります。

詰め物かぶせ物の種類

自由診療編

自由診療において用いられる材質には、ジルコニアやオールセラミックス、ハイブリッドセラミックス、メタルボンド、金など様々なものがあります。それぞれにメリット・デメリットがありますので、それらをよく理解したうえで使用する材質を選択することが大切です。

治療方法による違い

同じ部位の治療をしても、使用する材質によってその仕上がりは全く異なります。ここでは、使用する材質や治療法によってどのような違いが出るのかについてご説明させていただきます。
種類 写真 特徴
レジン前装鋳造冠 レジン前装鋳造冠 これは銀合金でできた素材を使用する治療法で、表から見える部分を白く見せることが可能です。ただし、後で紹介するほかの素材のように歯の微妙な質感を再現することはできません。また、歯の裏側は金属がむき出しの状態になっています。
メタルボンド冠 メタルボンド冠 メタルボンド冠は、白金、金、セラミックでできた素材を使用する治療法で、やはり外から見える部分を白色にすることが可能です。裏側は金属が見えるのですが、歯の根元の部分に少し見えるだけなのでさほど目立ちません。
メタルボンド冠は強度や耐久性にも優れており、年数が経過してもすり減ることはありません。また原料にセラミックが使用されているため、抗菌性もあります。
エステニア エステニアとは、セラミックとプラスチックでできた素材を使用する治療法で、見える部分も見えない部分もすべて白色でできているため審美性は最高です。ただし、メタルボンド冠と比較すると若干強度が劣るというデメリットがあります。
エンジェル エンジェルとはセラミックでできた素材を使用する治療法で、セラミック製であるため本物の歯の白さや透明感を表現することができます。また原材料に金属を使用していませんので金属アレルギーの心配がありません。
ただし、エンジェルはエステニアと同様、若干強度が劣るというデメリットもあります。
ファイバーコア ファイバーコア これはグラスファイバーにより作られた素材で、最も本物の歯に近い硬度を持っています。そのため、オールセラミック冠の土台として使用されることが多いようです。
保険銀合金 保険銀合金 保険銀合金は、一般に行われている歯科治療で最も多く使用されている材質です。保険を使用できるというメリットはありますが、銀合金製であるため金属アレルギーを起こす可能性があるというデメリットがあります。また時間の経過とともに黒ずんでしまいます。
ゴールド冠 ゴールド冠 ゴールド冠とは、いわゆる金歯のことをいいます。素材には人間の体と最も相性がいいといわれている金が使用されているため、アレルギー等の心配がありません。また、強度や耐久性もあるため長く利用するのに適している材質といえます。
白金加金 白金加金 これは同じ銀色でも銀歯とは異なり、金とプラチナでできた素材です。これもゴールド冠と同じく人体との相性がよく、アレルギー等の心配がありません。また長期間使用していても変色しないというメリットもあります。さらに白金加金は強度や耐久性も優れています。
以上はすべてクラウン、つまり被せ物をする場合の治療法になります。そして前歯を治療する際にはレジン前装鋳造冠やメタルボンド冠、エステニア、エンジェル、ファイバーコアが、奥歯の治療をする際には保険銀合金やメタルボンド冠、エンジェル、ゴールド冠、白金加金が使用されます。

また、インレーにより治療を行う場合には、上で説明した保険銀合金や金でできたゴールドインレー、金とプラチナでできた白金加金インレーなどを選択することができます。

見た目の悪い前歯は治せます

事故等によって前歯が欠けてしまった場合、あるいは何らかの原因で前歯のほとんどを失ってしまった場合、もしくは神経を抜いたことによって前歯が変色してしまっている場合、口をあけて笑うどころか、ニコッと微笑むことすらためらってしまいますよね。
そして前歯のことを気にするあまり、次第に表情まで暗くなってしまうこともあります。

しかし諦めないでください。変色した前歯も、折れてしまった前歯も、綺麗に治すことができます。もちろん、一昔前の歯科治療のように"銀歯"になってしまうのではなく、本物の歯の質感に近い、ナチュラルな仕上がりにすることができるのです。
これならば、前歯関するコンプレックスを解消し、素敵な笑顔を取り戻すことができますね。

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード