難しい抜歯

「難抜歯」「インプラント治療」は、口腔外科専門医・指導医が担当します

歯科医師には、それぞれ「得意な治療分野」があります。
難抜歯・インプラント治療は、「口腔外科専門医・指導医」の得意分野です。

当医療法人には「口腔外科専門医・指導医」の歯科医師(医学博士、口腔外科部長)西原昇がおります。
どうぞご安心してお任せください。




難抜歯について


「歯を抜くのに往生した」
「腫れた」
「痛かった」

という話を耳にされた方も多いと多いと思います。
抜歯にも種類があって、すっと抜けてしまう歯と、なかなか抜けない「難抜歯」があります。
難抜歯はどうしたらいいのでしょうか?
当医療法人「口腔外科専門医・指導医」の歯科医師(医学博士、口腔外科部長)西原昇に聞いてみました。

プチインタビュー

―先生の専門は「口腔外科」だそうですが。

はい、口腔外科が専門です。
足立区の病院で、救急の患者さんを24時間体制で診る口腔外科の部長(2009年~2016年9月:月平均6.8回当直)をやっておりました。

―抜くのが大変な「難抜歯」、埋まっている親知らずの抜歯はいかがでしょう?

はい大丈夫です。
埋まっている親知らずは、年間に約300~400本抜いています。
なるべく歯ぐきを切らず、切ってもなるべく小さく、骨は削らず・・・と、患者さんの侵襲(しんしゅう:生体を傷つけること)を少なくすることを心掛けています。
大学病院と変わらない、もしくはそれ以上と自信を持って言えます。


―「大学病院と同レベルか、それ以上」といわれると心強いですね。

大学病院で非常勤講師しております。
難抜歯の症例では、若い先生のサポートをしています。
また、月に何人か他医院の紹介の難抜歯の患者さんをご紹介いただくこともあります
3時間かけて抜歯できなかった患者さんの抜歯を、10分くらいで終えた事もあります。
普通の歯医者さんで「抜けない」って言われても、当院なら抜けますのでぜひご相談ください。
抜歯は「コツ」と「経験」が大事なのです。

―ちなみに、親知らずは抜いた方がいいのですか?

アゴが小さい方が多いので、親知らずが入りきらず、抜歯が必要な人が多くなっています。
横向きに生える人、歯ぐきに被っている人もいます。
汚れた状態だと周りの骨が吸収され炎症を起こすので、抜かないとダメですね。


―抜かなくていい親知らずの条件は?

1.まっずぐ生えていて
2.キレイに見えている
3.上の親知らずと下の親知らずが噛み合っている
4.きちんと磨けている

4つの条件がそろっていれば、残してもOKですが、そのような方はなかなかいらっしゃいません。
まっすぐ生えていても手入れが行き届かず虫歯になるなら、抜いた方がいいです。

―歯を抜くか?抜かないか?の判断はどうしたらいいのでしょうか?

歯医者さんに診てもらうのが一番ですね。

―抜く時期のアドバイスはありますか?

抜くなら若いうちのほうがいいですね。
「大学病院に行かないと抜けませんよ」と言われた方も、当院で全く問題なく抜けます。


僕ら口腔外科専門医が気にするのは、患者さんから「抜く必要がない歯を抜かれた」と思われることです。
残せる歯を抜くことはありません。

―どんな歯医者さんで抜いてもらったらいいのでしょうか?

口腔外科の「専門医」や「指導医」に抜いてもらうといいと思います。

―血液サラサラの薬を飲んでいる人は、抜歯が怖いと思うのですが。

そうだと思います。
脳梗塞・心筋梗塞・不整脈等の持病があり、血をサラサラにするお薬を飲んでいる方の歯も多数抜いてきており、全く問題なく抜けます。
今は「ガイドライン」があり「薬は止めない、止めちゃいけない」と書いてあるので、それに沿ってやっています。

―それでも心配なのですが・・・。

出血は絶対止めます。
救急にいた時、抜歯して「血が止まらない」と連絡があり対処したことがあります。
歯を抜いて血が止まらないということは、専門医が抜いたら、まずありません。
なぜなら、「この状況ならあそこから出血している」ということが分かるからです。
実は僕自身、下の親知らずが生えてこなかったので、自分で上の親知らずを抜きました。
感覚でわかりますから、鏡も見ずに抜けました。

―そんなことできるんですね!

はい、経験と勘があるからできるのです。
心配な事、怖い事をまずクリアにすることが大事ですので、まずは一度お問い合わせください。




インプラントについて


歯を失った時の治療法として「入れ歯」「インプラント」「ブリッジ」の3つがあり、それぞれメリットデメリットがあります。
それらを見据えて治療の選択肢を提示できるのも、数多くの症例を診てきている「口腔外科専門医・指導医」ならではのスキルです。

インプラントについても、当医療法人の「口腔外科専門医・指導医」に聞いてみました。


プチインタビュー

―先生は、大学病院でインプラント外来をやってらしたそうですが。

はい。
非常勤講師として先生方を指導もしました。
実は、私もインプラントを入れているのですが、歯型を自分で採って、かぶせ物は自分で作りました。

―そんなことが出来るんですか⁈

はい。(笑)
当院は「出来るだけ抜かない」「インプラントを無理やり勧めない」という方針でやっています。
「インプラントがいい」と思った方にはインプラントをおススメします。
交通事故で歯を失った場合だと、インプラントはとてもいい治療法です。

上の奥の歯を失った場合、無理してインプラントを入れるよりも、きちんとした入れ歯を作ったほうが快適でコストパフォーマンスもいいというケースもあります。
インプラントが向いている症例、向いていない症例があります。
そこを判断できるか?できないか?が、歯科医師の力量だと思います。
インプラントのために歯を抜くということはしませんので、安心してください。

―大学病院と比べてどうなんでしょうか?

大学では「インプラント科」というのがやっと出来だしてきたという状況です。
大学病院だから絶対いいという訳ではありません。
当院は、CTを撮って診断も出来ますので、安心できます。

―単純にインプラントが怖いのですが・・・。

治療の成功のカギは、ご本人が納得なさって治療するかどうかにかかっています。
歯科医師に勧められたけど、ご本人がよく理解しないまま、納得しないなまま治療を進めてもお互いに不幸です。
まず、インプラントが可能な状態かどうか?そして、ご本人が望んでいるかどうか?をよく検討します。
その上でインプラントが治療の選択肢になる場合、分からない事はトコトン聞いて疑問を解消してから治療をスタートすれば、理解した時点で怖い治療法ではないことが分かると思います。





医)マハロ会 口腔外科部長(口腔外科専門医・指導医) ご紹介


医)マハロ会 口腔外科部長 歯科医師(医学博士) 西原 昇

出身大学
岡山大学 歯学部

経歴
東京女子医科大学 医学部歯科口腔外科学教室 研修医
東京女子医科大学 医学部歯科口腔外科学教室 医療練土研修生
鹿島共同施設 共同診療所 出向(歯科診療部長)
東京女子医科大学 医学部歯科口腔外科学教室 帰局 助手
医療法人社団成和会 西新井病院 出向(口腔外科部長)
東京女子医科大学 医学部歯科口腔外科学教室 退局
東京女子医科大学 医学部歯科口腔外科学教室 非常勤講師
医療法人社団成和会 西新井病院 口腔外科部長

研修歴
東京女子医科大学病院 救命救急センター
東京女子医科大学病院 麻酔科

資格
医学博士
社団法人 日本口腔外科学会専門医・指導医
歯科医師臨床研修医・指導医

所属学会/資格
日本顎顔面インプラント学会

お問い合わせはコチラから

ページTOPへ

一般的な歯の治療
歯を失ってしまった方へ
さらに美しく歯になる治療

お知らせ

QRコード